iPhone水没した時の対処法まとめ

iPhone水没した時の対処法まとめ TOP

iPhone水没

水没したiPhone、もう諦めるしかないの?

iPhoneの水没は思いがけない場面で起こります。飲み物や調味料をこぼしてしまったり、水の近くで操作していて手が滑ったり。内部に水が入ると水没マークが表示され、Apple社の保証サービスも受けられなくなってしまいます。自分で直すことができればよいのですが、基盤が水に浸ってしまうと傷んでデータも損傷してしまいそうですね。
しかし、諦めることはありません。iPhone修理の専門店では水没にも対応していることが多いです。しかも復旧率が高く、データを失わずに済んだという人がたくさんいます。自分自身でできる対処法もありますが、使った水が塩分やミネラル分を含んでいると浸食が進んでしまう恐れがあります。できれば時間をおかず、すみやかに業者に見てもらった方が安心といえます。

お店にもっていく前にできる対応とは?

水没したiPhoneのデータが復旧できるように、最低限自分でやっておきたい対処法を知っておくと良いでしょう。
言うまでもありませんが、水没したらすぐに水から引き上げます。電源が入っていたらすぐにOFFにしましょう。操作できなければそのままでも大丈夫です。
次に、表面からできる限り水気をふき取ります。手で触れる部分はもちろんですが、隙間もティッシュペーパーや綿棒などを使って水分を吸い取らせましょう。毛細管現象によって上手く水分が吸い取れます。
あとは3日から5日ほどじっくりと乾燥させます。ドライヤーを使うと早いですが、熱によってiPhoneが傷んでしまう危険性があります。温かい部屋に静かに置いておく方が壊れるリスクは少ないです。
3日ほど経ってからそっと電源を入れてみましょう。この時点で電源が入らなければさらに2日待ち、再び電源を入れてみます。そこでだめなら業者に依頼するしかありません。

業者選びにも注意が必要!

iPhoneが復活しなければいよいよ業者に依頼することになります。Apple社に依頼すると料金が高いので、腕の良い非正規業者に見てもらうのがおすすめです。
ただし、業者の質にはかなりの差があります。中には元通りに組み上げることすらできないスタッフもいますので、お店選びには注意が必要です。
また、修理に着手するまでが遅かったり、作業が完了してもすぐに発送してくれなかったり、ということもあります。手元に戻ってくるのが遅いと不便ですから、即日あるいは翌日発送のお店がおすすめです。
先にオンラインから見積もりを依頼すると良いでしょう。複数のお店から見積もりを取り、料金や納期を比較して慎重に選びます。お店の口コミもチェックしておくと優良業者を探しやすくなります。
 

Topへ戻る

该版本为此网站的旧版本,已不再维护
disclaimer